Amazon

写真/姫蛍

三夜連続で来た人の話だと、この日は一番少ない日だったそうです。

ヒメボタルは、一般的に良く見るゲンジボタルやヘイケボタルに比べ一回り小さい、また人目に付かない森林に生息していて、もっとも大きな違いは光り方である。

通常、ホタルと言えば点灯して消灯するような感じで、写真に撮ると長い破線を描きます。

↓ こんな感じです。

IMGP1983-Edit-1

しかし、ヒメボタルは点滅を繰り返し、写真に撮ると点線が描かれます。

その写真を長時間露光をするこで、光の点が写真いっぱいになり、幻想的な写真になります。

IMG_1501

IMGP2016052802

今年は1度しか撮りに行けなかったので、2014年に撮ったヒメボタルと比較してみてください。

IMGP2449-1

IMG_6419

前回の方が、沢山写ってる気がしますね。と言ってもまだまだ少ない。

ゲンジボタルは、生息地域も広く川や水田の周辺に居るので、撮りやすいのですが、ヒメボタルは限られた地域にしかいません。しかも森林の中とかなので、虫に刺されるのは覚悟して行って下さい。

ホタル保護のため、ホタル観賞できる地域では虫除けスプレーなどはしないようにと呼びかけてますので、ご注意ください。蚊取り線香を炊くなど以ての外である(笑)

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー