Amazon

備忘録/リンク作成

スポンサーリンク

ブログに貼るバッジ(リンク)など

AppleストアやGooglePlay、Windowsストアへのバッジを作れるサイトを紹介します。

少しでもブログを書くのが楽になれるように(笑)

AppleストアやiTunesのバッジ

Apple:Link Maker 

表示されるHTMLコードをWordPressに貼り付けても使えませんでした。

イメージとリンク先URLを別々に取得して、貼り付けると下のように表示させれます。

↓こんな感じです。

Apple:Banner Builder

こちらはバナーリンクでこっちの方が見やすいかな。

HTMLコードは、インラインフレームにすることをお忘れなく。

Apple:Widget Builder 

ウィジェットも作れます。

出来上がりは、こんな感じです↓

幅や高さ、背景色なども変えれるようです。

Google Play のバッジ

Google:Google Play badge page 

Googleは、Appleほど揃ってなく現段階で見つけれたのはこれだけ。

Google Play が公式で提供しているのは、アプリや映画などへ直接飛べるリンクではあるけど、アイコンが全て「GooglePlay」ボタンで、コンテンツの内容は自分で書くしかありません。

GooglePlayBadge

使い方は簡単です。

リンク先のアプリや映画、書籍等のURLを取得しておき、あとはプルダウンで選択して行くだけです。

Get it on Google Play

画像サイズはHTMLを自分で編集しないと、でかいのでご注意です。

Windows ストアのバッジ

Microsoft:ストア バッジ ジェネレーター 

Windows ストアもGoogleと同じで、バッジの提供しか行っていないようです。

Windows ストアも事前にアプリや映画などのコンテンツのURLに記載されている製品IDを取得しておく必要があります。

↓できあがりはこんな感じ

Microsoft からダウンロード

最後に…

Google も Microsoft ももう少しURLだけで情報が引っ張ってこれるようにして頂けると便利なんですけどね。Apple が一歩リード的な(笑)

もっと簡単にバッジやリンクを作れるWordPressのプラグインを作ってる方がいるようなので、そちらも検討してみると良いかもしれません。

各社が、oEmbed に対応してくれると楽に貼れるんですけどね。

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー