Amazon

iPhoneでSDカードから写真を読み取る

スポンサーリンク

iOS 9.2 にアップデートしよう!!

iPad にはSDカードリーダーが存在してましたが、iPhone にはありませんでしたが、遂に iPhone でも写真データを読み取れるようになりました。

12月9日にアップル社は「Lightning-SDカードカメラリーダー」を発売、同日発表された iOS 9.2 でサポートされる。とのことでした。

IMG_0636

と言うわけで、まず iOS のバージョンを 9.2 にアップデートしましょう。

アップデートの内容には書かれていません、詳しい情報にもUSB経由でカメラから直接データを読み取れる機能は書かれてましたが、SDカードリーダーについては書かれてませんでした。

そして、「Lightning-SDカードカメラリーダー」をポチって待つこと数日

開封の儀「Lightning-SDカードカメラリーダー」

「Lightning-SDカードカメラリーダー」が届きました。

IMGP5062

相変わらず、Apple社の製品はシンプルです。

IMGP5063

IMGP5064

「SD Card Camera Reader」と書かれてます。デジカメのSDカード専用なんでしょうか?

IMGP5065

パッケージ通りの商品です。

またコネクタ接続箇所が破けそうな感じなので、取扱は注意が必要かもしれませんね。

実際に取り込んでみよう!!

IMGP5068

早速、iPhone6sへ接続しSDカードを刺してみました。

IMG_0651

SDカードを挿すと、iPhone の写真アプリケーションが自動的に開き、SDカードのデータが表示されます。

写真が表示されたら、iPhone へ取り込みたい写真をタップしていきます。

IMG_0652

『読み込む』をタップすると、”すべてを読み込む”か“選択項目を読み込む”が表示されます。

全てを読み込むと文字通り、SDカード内のデータを全て取り込むようです。

IMG_0653

読み込みが完了すると、読み込んだ写真をSDカードから消すか?残すか?と聞かれます。

消すと文字通りSDカード内の読み込んだ写真が消されます。

あとで、パソコンに取り込む場合や、デジカメの再生で見ることがあるなら、残すを選びましょう。

IMG_0654

取り込んだら、「写真」アプリで表示されます。

IMG_0656

ちなみに、今カメラの写真データはRAWで保存するようにしているのですが、RAWデータでも取り込まれました。

転送速度は、iPhone の場合 USB2.0 らしいのですが、選択したファイルの数が少なかったので、遅いという感じはしませんでした。

SDカード内の写真を表示するのにも、遅いとは感じなかったので使い勝手悪くありません。

IMG_0657

ちなみに、デジカメで動画を撮り、SDカードリーダーで読み込んだところ、動画も表示され取り込むことができました。

もちろん、iPhone 上で再生も出来ます。

あとがき

今のデジカメ(一眼レフもコンデジも)は、WiFi機能が備わっているモデルが沢山あるので、不要な人には不要ですが私みたいにWiFi機能が搭載されていないデジカメを使っている人には重宝される一品です。

SDカードリーダー付きWiFiルーターがあれば、パソコンやiPhone、iPad、Androidでも取り込めるようになるので、どちらが便利か?と聞かれれば、WiFiルーターな気もします。

しかし、製品がシンプルなだけに軽かったり故障箇所が少ないってところは、この「Lightning-SDカードカメラリーダー」の強みかと思います。

これで、撮ってすぐInstagramやSNSにアップすることができそうです(笑)

買った製品


↓ これも使い勝手良さそうです

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー