Amazon

GalaxyS3α(SC-03E)/バッテリー使用率

GalaxyS3α(SC-03E)へ機種変して、約2週間が経ちました。
もう少しレビュー記事を増やすつもりでいましたが、何も手付かずで・・・w

ARROWS(F-05D)からの機種変理由は、バッテリーの消費が激しくなって使い勝手が悪くなったからで、SC-03Eに変わってバッテリーの消費率だけでも記事にしておきます。


公式のスペックは以下の通りです。

機種 GalaxyS3α(SC-03E) ARROWS X(F-05D)
メーカー サムスン電子 富士通モバイルコミュニケーションズ
発売日 2012年12月5日 2011年12月17日
OS Android 4.1.1 Android 2.3.5 → 4.0.3
CPU Samsung Exynos 4412 1.6GHz
(クアッドコア)
Texas Instruments OMAP4430 1.2GHz
(デュアルコア)
連続通話時間 約500分(3G)/約520分(GSM) 約340分(3G)/約460分(GSM)
連続待受時間 約490時間(3G)
約430時間(LTE)
約420時間(GSM)
約490時間(静止時・3G)
約200時間(静止時・LTE)
約290時間(静止時・GSM)
バッテリー容量 2100mAh 1400mAh
重量 約139 g 約129 g
F-05Dは、当時の端末の中でもバッテリー容量が少なく、軍を抜いて長持ちしない端末で、しかも当時のLTE電波の検知ロジックも今一つで、バッテリー消費をさらに激しくしているものでした。スペック表で見てわかるようにLTEの待受時間が極端に少ないです。(しかし静止時の時間ってなんやろか?他サービスも止まってるって事か?)
そこへ、OSのアップデートでCPU処理が重くなり、バッテリーの消費はさらに激しくなってしまったのです。(ねたのたね:ARROWS X F-05D/OSアップデート後のバッテリー
さて、気になるSC-03Eのバッテリーの持ちはと言うと

スクリーンショットを撮った日が違うので、使用内容が若干違いますが、どちらもいつも使っている感じの使用率です。4.5時間で約20%、18.5時間で約70%、1時間当り約4%のバッテリー消費率でしょうか。1時間で20%減ってたF-05Dとは大違いです。(iPhoneも持っていてiPhoneの方で色々やってるので、Android端末はライトユーザー程度の使用率だと思います。)

さらに、約7時間ほどテザリングをやってみました。LTEと3Gの間に居たので回線が切り替わりやすく思ったほどのデータ通信量ではありませんでしたが、7時間で90%程度のバッテリー使用率でした。モバイルルーターとしてもそこそこ長持ちしてる方ではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー