Amazon

映画/ザ・レイド

「ザ・レイド」(THE RAID)、映画館ではなくDVDで見たんですが面白かったので紹介。

ギャレス・エヴァンス監督・脚本、イコ・ウワイス主演による2011年のインドネシアの格闘技アクション映画です。

ストーリーは…

ジャカルタのスラム街にそびえ立つ、麻薬王が支配する30階建ての高層ビルに強制捜査(=レイド/Raid)に入る20人のSWAT、しかし作戦の情報が漏洩し、無数のギャングたちと交戦に。激しい銃撃戦、息も詰まる格闘技戦の連続で、SWATチームは麻薬王を捕獲できるのか?

見どころ…

トロント国際映画祭で高評価を得たり、ミッドナイト・マッドネス賞を受賞した作品で、ハリウッドも認めた10年に1本のアクション映画。東南アジアの格闘術「シラット」の使い手イコ・ウウェイスの数々のアクションシーンは圧巻だ。

ここから先は、個人の感想です。
ネタバレが無いように書いてますが、作品を観る前は読まない方が良いと思います。

日本での見出しは、“強すぎ!殺しすぎ!敵多すぎ!”でした。読んだままで、強すぎだし、殺しすぎだし、敵多すぎな作品ですw
一応、新人SWAT隊員の心境や、主人公の生い立ちなどの描写はあるものの、特にストーリー性が強いわけでもなく、単純にアクションを楽しむ作品だと思います。
わりと残虐なシーンもあるので、苦手な方は見ない方が良いかと、例えば“殺しすぎ”の通り、何人殺すの?ってシーンは何度も出てきます。
これ(ナイフを)本当に刺してない?ってシーンもいっぱいで、どこまで生身で、どこから特撮かわかりません。
個人的には、今まで観た格闘技映画の上位に入る激しさです。
ちなみに、英語でもよく分からんのに、インドネシア語のため台詞がさっぱりわかりませんw
※字幕は日本語あるよ。
しかも、東南アジアの方の表情も上手く読み取れないので、ストーリー性はアレに感じましたw
しかし、格闘技映画ファンは、一度観て頂きたい。そんな作品です。
※映画館で観たかったなぁ~
「ザ・レイド」の続編も決まり、ハリウッドでのリメイクもあるそうで、今後も楽しみです。
ザ・レイド(字幕版)
ステージがビル屋内なので、
画面が暗いのとアクション映画なので
大きい画面で観るのをオススメします。
スポンサーリンク
スポンサー
スポンサー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー